12月 27 2013

人は正しく落ちることが大切です

本書「堕落論」は、人間の本質を見出そうとする本です。著者である坂口安吾の鋭い洞察力が、人間そのものをあぶり出しています。

武士、天皇、戦争、政治等々、人間を取り巻く人間たちの謀略と功名、そして、堕落、死。堕落論が取り上げるテーマは様々です。

人間は正しく堕落する必要があるのでしょう。堕落とは、単に落ちていくのではないのです。本来の自分を取り戻すためのリセットなのです。

日本人は、美しく堕落することに美学を見出してきたのではないでしょうか。本書「堕落論」を読むと、日本人の魂が浮き彫りにされるような気がします。まさに心が洗われるといった心境です。

男尊女卑の世界から、男女平等の社会に変化し、男女共に堂々と胸を張って生きていくことができる世の中になりました。しかし、人間が本来持つ弱さ、美しさは、どこかに隠れてしまったような気もします。

「堕落論」は、そんな日本人に対して、もう一度原点に戻って目覚めよと諭しているような気がします。

文庫本の新刊を探しにゴマブックスポータへ是非お立ち寄りください。あなたの心を洗う文庫本の新刊をたくさん取りそろえています。電子書籍サイト「ゴマブックス」では、新刊が続々と提供して、現在のあなたの心境に答える文庫本を豊富に取りそろえてお待ちしております。



12月 3 2013

数万円から作成可能になったオーダースーツ

自分の体形に合わせてベストなサイズのものを、オーダーメイドで注文することができるオーダースーツ。見た目もびしっと決まりますし、身が引き締まる思いになりますよね。たとえ一流ブランドのスーツであっても体型に合わないものを無理して使うよりも、自分の体形にぴったりと合わせたオーダースーツのほうが段違いに見た目がきれいになりますし、着心地も良くなるんです。

しかし、オーダースーツというと、とても高そうなイメージがありませんか?ですが、調べてみると手ごろな価格で、なおかつ高品質のスーツを発注することができてしまうんです。低価格のものが高品質で購入できるようになった背景には、スーツにこだわる人が増えてきたからと言われています。

一時期、数千円で売られているスーツが流行りましたが、着心地の面でいうとイマイチ感があったのは否めません。ビジネスマンにとっては毎日着るものですから、お金に少し余裕が出てくると高品質のものを着たいという流れになるのは当然ですね。

利用する人が増えれば、価格がどんどん下がってくるわけでオーダースーツを作成できるお店は年々増加傾向にあります。最も安いものであれば19,800円から作成可能といったお店もありますので、あなたも是非自分の体形に合わせたオーダースーツを手に入れてみてはいかがでしょうか?